アナルセックスをされた・アナルセックスをした場合に感染する病気は何か? | 宅配ドクター

アナルセックス

教授
アナルセックス、つまりは肛門へペニスを挿入するセックスのことなんじゃが、妊娠する可能性が無いということでコンドームを着けないでする人が多いようじゃな。

性病は性行為によって感染する病気じゃが、もちろんアナルセックスでも感染する。

感染条件がそろえば病原体はどのような行為でも誰にでも感染するわけで、アナルセックスは肛門の粘膜と男性器の尿道や精液との接触があるので感染するんじゃよ。

アナルセックスをされた(男性・女性)にも、アナルセックスをした(男性)にも性病は感染します

アナルセックスは本来排泄に使用するための肛門を用いて性行為を行うセックスで、膣とは違い分泌物が無いのでペニスの出し入れによる摩擦で出血を伴ったり、粘膜や精液の接触があるのでどちらかが感染者の場合は高確率で感染します。

「アナルセックスをする時に相手が感染者の場合にはどこに病原体が含まれるのでしょうか?」

「アナルセックスをする人が感染者の場合に病原体が存在する部位」

ペニスを挿入する人が感染者の場合は、尿道、尿、精液、血液に病原体が存在します。

この場合のペニスを挿入する人は、異性愛で言えば男性がこれにあたり、同性愛(ゲイ)で言えば男性(タチ)がこれにあたります。

病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
尿道
精液
尿
血液


「アナルセックスをされる人が感染者の場合に病原体が存在する部位」

肛門でペニスを受け入れる人が感染者の場合は、肛門と血液に病原体が存在します。

この場合の肛門でペニスを受け入れる人は、異性愛で言えば女性がこれにあたり、同性愛(ゲイ)で言えば男性(ウケ)がこれにあたります。

病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
肛門・直腸
便
血液


感染部位

「アナルセックスをされた人が感染する部位」


感染者のペニスを受け入れる場合は、淋病、クラミジア、カンジダであれば肛門に感染しそこで発症しますが、血液や精液を介して感染するHIV、梅毒、B型肝炎C型肝炎であれば肛門の粘膜や皮膚の小さな傷から感染し体内へ侵入し全身へ広がります。

「アナルセックスをする人が感染する部位」


感染者の肛門へペニスを挿入する場合は、淋病、クラミジアであれば尿道に感染しそこで発症しますが、血液や精液を介して感染するHIV、梅毒、B型肝炎C型肝炎であれば尿道の粘膜や皮膚の小さな傷から感染し体内へ侵入し全身へ広がります。

「アナルセックスによる患部との接触で皮膚へも感染する」


アナルセックスをした人もされた人もどちらかが感染者で性器や肛門付近の皮膚に病変があった場合は、病変への接触で梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマが感染します。

アナルセックスで可能性のある性病の種類

アナルセックスで感染する可能性のある性病には、細菌が病原体になるものにはクラミジア、淋菌、梅毒、カンジダ、ウィルスが病原体になるものはHIV、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス、尖圭コンジローマがあります。

アナルセックスで肛門にペニスを挿入された時に感染する性病

肛門の粘膜へ感染し炎症を起こす病気
クラミジア淋菌感染症カンジダ
肛門や直腸の粘膜の小さな傷から病原菌が侵入して感染し、血液中に入って全身に広がる病気
梅毒HIVB型C型肝炎
皮膚に感染し感染部位にイボなどの病変を起こす病気
性器ヘルペス尖圭コンジローマ

男性がアナルセックスでペニスをアナルに挿入した時に感染する性病

尿道に感染し尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)を起こす病気
クラミジア淋菌感染症
性器の表面に感染し症状を起こす病気
カンジダ
皮ふや粘膜の小さな傷から病原菌が侵入して感染し、血液中に入って全身に広がる病気
梅毒HIVB型C型肝炎
皮膚に感染し感染部位にイボなどの病変を起こす病気
性器ヘルペス尖圭コンジローマ

アナルセックスによるHIV感染に注意が必要な理由

女性器で行うセックスと違いアナルにはこすれる場所をすべりやすくする愛液が無いので、出し入れするたびに摩擦による傷がつきやすく、アナルの内部はもちろん、ペニスに傷がつき目に合見えませんが微量な出血があります。

この時に一番危惧されるのはアナルセックスによる出血で、傷があることでHIV感染性などの血液を介して感染する病気の危険が高くなるのです。

HIV感染性以外でも血液で感染する病気は、梅毒、肝炎などがありこれらは完治が難しいのでやっかいな病気ですが、ただ一つ違う点はHIVを体外に排出する方法が現在の医療ではできないということです。

感染したら治療ができず死を待つだけなのか?といえばそうでは無く、エイズを発症しない限り一般の人と同じように仕事をして生活ができるので、エイズの発症を遅らせる治療がなされます。

現在の医療の進歩により限りなくエイズの発症を遅らせることが出来るようになりましたが、エイズの発症を遅らせる薬を飲み続けなければならないので、時間的にも費用的にも心理的にも負担になることから感染予防は大切です。

予防のために

コンドームは必ず使用し肛門内に傷をつけないためにもローションなど肛門内を潤滑にするアイテムの使用は忘れないようにしましょう。

コンドームの役割は望まない妊娠を防ぐだけではなく、性感染症にかかる可能性を減らす役目もあるからです。

検査を受けた方が良い人

女性の場合は性交渉の後に性器や性器周辺に痒みや痛みこれに加えておりものや生理の経血などに変調があった人、男性の場合は排尿時の痛みや尿道から膿が出るなど普段はない症状が出現した人はなるべく早く検査を受けた方が良いでしょう。

その他には、男女ともに性器や性器周辺、肛門付近にシコリやイボ状の突起ができたり赤みや発疹、水疱などの症状がみられる場合は注意が必要です。

アナルセックスをした場合はHIV(AIDS)に感染する確率が、アナルセックスをしない人と比べると統計的に高いので、その他の性病のチェックと共にエイズ検査も併せて行うことを強くお薦めします。

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ