クンニリングス

さくら
クンニリングスって何?
まちこ先生
クンニリングスは「オーラルセックス」口で女性の性器を愛撫する行為を指す言葉なのよ。
さくら
セックスじゃないから性病は大丈夫そうね。
まちこ先生
え?知らなかったの?クンニリングスでも性病に感染するのよ。
さくら
え!?おまたをなめられただけでも感染するの?

クンニリングスをされた人も、クンニリングスをした人も性病に感染します

性行の中でお互いの気持ちを高める愛撫(あいぶ)という相手の体へ身体へ口を着け愛を確かめる行為がありますが、女性器への愛撫はクンニリングス、いわゆる「クンニ」と呼ばれる行為があります。

男性器を挿入する性行為ではありませんが、口の粘膜と女性器の粘膜が接触することから性感染症が感染する条件が揃ってしまいます。

性病が感染する条件とは病原体が存在する部位と感染部位との接触があることで、この場合は口腔や喉、唾液と膣・外陰部、膣分泌液の接触が該当します。

クンニリングスする方もされる方もお互いに性病に感染していなければ特に問題はないのですが、どちらか片方でも性病に感染している場合は感染する確率はかなり高くなります。

クンニリングスをする人が感染者の場合に病原体が存在する箇所」
病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
口腔・のど
唾液
血液



クンニリングスをする人が感染者の場合は、喉や唾液にクラミジアや淋菌が存在している可能性、口内や喉に炎症や小さな傷がある場合は血液を介して感染するHIV、B型C型肝炎ウィルス、梅毒のリスクがあります。

クンニリングスをされる人が感染者の場合に病原体が存在する箇所」
病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
膣・外陰部
尿
膣分泌液
血液



クンニリングスをされる人が感染者の場合は、膣・外陰部、尿、膣分泌液にクラミジアや淋菌が存在している可能性、口内や膣・外陰部や小さな傷がある場合は血液を介して感染するHIV、B型C型肝炎ウィルス、梅毒のリスクがあります。

クンニリングスによって感染する部位

「クンニリングスした人が感染する部位」

クンニリングスをする人が感染者であれば、喉や唾液から、口内に炎症や小さな傷があり出血があれば血液からクンニリングスされる女性の膣の粘膜へ病原体が感染します。

「クンニリングスをされた人が感染する部位」

クンニリングスされる人が感染者であれば、膣や膣分泌液から、膣や外陰部に炎症や小さな傷があり出血があれば血液からクンニリングスした人の口内や喉の粘膜へ病原体が感染します。

クンニリングスで感染する可能性のある性病の種類

感染頻度が高い病原体としてはクラミジア、淋菌があり感染頻度が低いものとしてはHIV、B型C型肝炎ウィルス、梅毒がありHIVは感染すると体外へ除去する治療法がありません。

参照記事:口と喉(のど)の仕組みと感染する性病(性感染症)

喉(のど)の咽頭に感染し咽頭炎を起こす病気
クラミジア淋菌感染症
子宮頸管 (子宮入口の管)、膣、尿道へ感染し、子宮頸管炎、尿道炎等を起こす病気
クラミジア淋菌感染症
粘膜の小さな傷から病原菌が侵入して感染し、血液中に入って全身に広がる病気
梅毒HIVB型C型肝炎

淋病やクラミジアは女性が感染しても無症状な場合が多く、不特定多数の人との性行為や風俗産業に従事していて定期的な検査を義務付けられていたり、普段から気を付けて定期的に検診を受けている女性でない限り、症状が悪化してからでないと性病感染に気が付かないことの方が多いでしょう。

また、HIVやB型C型肝炎、梅毒なども感染初期の症状は気がつかないほど軽いか無症状なので無自覚なままパートナーにクンニリングスをされて相手に感染させてしまう事が多いようです。

検査を受けた方が良い人

「症状がないから大丈夫」が通用しないのが性病で女性の場合病気を放置すると炎症が拡大し子宮卵管炎になると不妊症の原因になります。

定期的に病院で検診を受けていない場合は、以下のような症状があれば検査をお勧めします。

  • 喉に痛みやかゆみ、咳やたんが出る
  • クンニリングスをした相手の女性の性器や性器の周辺に腫れや発疹、イボ状の突起や赤み、水疱など疑わしい症状があった場合。
  • 女性で、おりものの量や色が普段と違う
  • 性器や性器周辺に普段は見受けられない斑点やブツブツ・イボ・しこり・水泡ができた
  • 性器や性器周辺に痒みや痛みがある
  • 体がだるい、発熱がある
男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ

error: