セックス

教授
男性器を女性器に挿入するセックスでは、どちらかが感染者の場合は粘膜や体液の接触があるのでそれらを媒介にして病原体が感染する可能性があるんじゃよ。

女性の場合は膣に挿入された場合にはどんなリスクがあるか?男性の場合はペニスを挿入した場合はどんなリスクがあるのか?解説しよう。

セックスで膣に挿入された(女性)、ペニスを挿入した(男性)時の感染経路

セックス時に感染する病原体には、細菌、ウィルス、原虫などの種類がありそれぞれ感染部位や感染経路が同じものもあればに違うものもあります。

感染は感染部位である尿道、外陰部、膣であったり病原体が含まれる精液、尿、膣分泌液、血液との接触など粘膜や体液との接触が原因となります。

セックスによって接触する可能性のある病原体が存在する体の部位や体液を性病の種類毎に表にしましたのでご確認ください。

病原体が存在する箇所
病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
尿道
精液
尿
膣・外陰部
膣分泌液
血液


女性がセックスで膣に挿入された時に感染する性病

子宮頸管 (子宮入口の管)、膣、尿道へ感染し、子宮頸管炎、尿道炎等を起こす病気
クラミジア淋菌感染症トリコモナス
外陰に感染し膣炎や外陰炎を起こす病気
カンジダ

参照記事:女性に多い性病の症状とは?

男性がセックスでペニスを膣に挿入した時に感染する性病

尿道に感染し尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)を起こす病気
クラミジア淋菌感染症トリコモナス
性器の表面に感染し症状を起こす病気
カンジダ

参照記事:男性に多い性病の症状とは?

セックスによる粘膜や体液との接触で感染し、血流に乗って全身に広がる性病

皮ふや粘膜の小さな傷から病原菌が侵入して感染し、血液中に入って全身に広がる病気
梅毒HIVB型C型肝炎

参照記事:身体症状(発熱・倦怠感・嘔吐・下痢・体重減少)が出たら性病なのか?

セックス時の皮膚や陰毛との接触で感染する性病


どちらかが感染者で性器や肛門付近に皮膚に病変があった場合は、病変への接触で性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、子宮頸がん(ハイリスク・ヒトパピローマウィルス)が感染します。

また、ケジラミは感染者の陰毛との接触で感染します。

皮膚に感染し感染部位にイボなどの病変を起こす病気
性器ヘルペス尖圭コンジローマ子宮頸がん(ハイリスク・ヒトパピローマウィルス)
感染者の陰毛との接触で感染する病気
毛じらみ

参照記事:男性器や周辺にできもの(イボやぶつぶつ)・「しこり」・「潰瘍」・「皮膚のただれ」ができた時に考えられる疾患

参照記事:デリケートゾーン・女性器(あそこ・まんこ)や周辺にできもの(イボやぶつぶつ)・しこり・潰瘍・皮膚のただれができた時に考えられる疾患

可能性のある性病の種類

感染する頻度が高い性病

粘膜や体液を介して感染する病気
性器クラミジア感染症
男性(感染者)の精液や尿道の粘膜との接触で、女性の膣、子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染します。
女性(感染者)の膣分泌液や膣の粘膜との接触で、男性の尿道へ感染します。
淋菌感染症
男性(感染者)の精液や尿道の粘膜との接触で、女性の膣、子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染します。
女性(感染者)の膣分泌液や膣の粘膜との接触で、男性の尿道へ感染します。
膣トリコモナス症
男性(感染者)の精液や尿道の粘膜との接触で、女性の膣、子宮頸管、膀胱、尿道へ感染します。
女性(感染者)の膣分泌液や膣の粘膜との接触で、男性の尿道、前立腺、精のうへ感染します。
性器カンジダ症
男性(感染者)の性器との接触で、女性の膣へ感染します。
女性(感染者)の膣との接触で、男性の性器へ感染します。
病変のある皮膚との接触で感染する病気
性器ヘルペス
男性(感染者)の感染部位との接触で、女性の外陰、膣、お尻へ感染し子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもあります。
女性(感染者)の感染部位との接触で、男性の亀頭や陰茎体部、おしり、肛門周囲、直腸粘膜にへ感染します。
尖圭コンジローマ
男性(感染者)の感染部位との接触で、女性の大小陰唇、腟前庭、腟、子宮頸部、肛門内や肛門周辺、尿道口へ感染します。
女性(感染者)の感染部位との接触で、男性の陰茎、亀頭、包皮の内側、陰のう、肛門内や肛門周辺、尿道口へ感染します。
毛じらみ
ケジラミは主に陰毛に寄生し、感染者の肛門周囲、わき毛、胸毛などの体毛、頭髪やひげとの接触で感染します。

危険な性病(治癒できないか治癒が難しい性病

HIV感染症(エイズ)
感染者のHIVを含む血液、精液、腟分泌液などの体液が、粘膜部分(口の中、ペニス、尿道、腟、直腸など)や傷口などから体内に侵入し感染が全身に広がります。
梅毒
皮ふや粘膜の小さな傷から病原菌が侵入して感染し、血液中に入って全身に広がります。
B型肝炎・C型肝炎
皮ふや粘膜の小さな傷からウィルスが侵入して感染し、血流に乗って全身に広がります。
子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス・HPV)
男性(感染者)の感染部位との接触で、女性の腟、子宮頸部へ感染します。

セックスをする時の予防法

男性の感染部位が尿道やペニスの皮膚上の小さな傷で、女性の場合は膣や尿道となるのでコンドームの使用は性病の感染経路を遮断することになり有効です。

その他、感染者とのセックスを避けるために非特定多数の方とのセックスを避け特定のパートナーを作ると良いでしょう。

女性感染者の5人に4人が自覚症状が無く、症状が無いので放置され卵管炎などを起すと不妊症の原因になるので定期的に検査を受けられることをおすすめします。

検査を受けた方が良い人

  • 女性で、おりものの量や色が普段と違う
  • 性器や性器周辺に普段は見受けられない斑点やブツブツ・イボ・しこり・水泡ができた
  • 性器や性器周辺に痒みや痛みがある
  • 尿道から膿が出る
  • 体がだるい、発熱がある

上記に列挙した症状の中には、性病でなくても起こり得るものもあります。

ただ一時的なものだろうと放っておくと気づいた時には治療できない段階まで進んでしまっていた、という事も少なくありません。

自分だけは絶対に性病に感染しないと決めつけず、検査をして早期発見をすることで自身の病状の悪化を防ぐばかりではなく、自分以外の人に感染させない事につながります。

特に不特定多数の人と性行為がある場合は、日頃から定期的に検査は受けましょう。

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ