リミング(肛門を口や舌で愛撫する行為)をした場合に感染する病気は何か? | 宅配ドクター

リミング

教授
リミングとはオーラルセックスの一種で、肛門を舌や唇でなめ行為を指し、他にはアニリングスとも呼ばれることもある。

ゲイの方たちの間では、「しりなめ」「けつなめ」という言葉を使われる場合もあるね。

この行為はセックスではないので性病の心配は無いと思われている方もいるようじゃが、この行為には性病が感染する条件がそろっておる、つまりは感染する可能性があるんじゃ。

リミング(肛門を口や舌でなめる行為)をした場合もされた場合も病気は感染します

リミングとは、少し聞きなれない言葉ですが、性行為の一つでパートナーの肛門を口や舌で舐める行為です。

リミングされる人が感染するリスクがある病気は、相手の口内や喉、唾液に病原体が含まれる病気で、リミングする人が感染するリスクがある病気は、相手の肛門や便に病原体が含まれる病気があります。

「感染の経路としてはリミングされる側の場合は肛門や直腸の粘膜で、リビングする側は口や喉の粘膜になります。

また、肛門や直腸、口や喉に小さな傷や炎症があると血液も病気の感染媒体になります。」

皮膚の表面に病変との接触で感染する性病や粘膜との接触で感染する性病もありますが、性病以外には肛門をなめることにより、便中に存在する「A型肝炎ウイルス」や「赤痢アメーバ」など感染力が強い食中毒の原因となる病原体もあり、肛門や便を触った手をなめることにより感染する病気もあります。

なお性行為としてリミングを行うと、フェラチオや挿入など他の行為も伴う場合が殆どですので、その他の性感染性のリスクも考慮しなければなりません。

リミングする人が感染者の場合に病原体が存在する箇所」
病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
口腔・のど
唾液
血液



感染者がリミングする人の場合は、感染者の口や喉、唾液に病原体が含まれている可能性があり、口や喉に傷や炎症がある場合は血液により感染する病原体にも注意が必要になります。

「HIVウイルス」は唾液からの感染はありませんが、相手の口内に出血がありそれが傷口から侵入することがあれば感染する可能性がないとは言えません。

リミングされる人が感染者の場合に病原体が存在する箇所」
病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
肛門・直腸
便
血液



感染者がリミングされた人の場合は、感染者の肛門や便に病原体が含まれている可能性があり、肛門や直腸に傷や炎症がある場合は血液により感染する病原体にも注意が必要になります。

「HIVウイルス」は相手の肛門に出血や、それが自分の傷口から侵入することがあれば感染する可能性がないとは言えません。

「性病ではないが便や肛門に含まれる食中毒を引き起こす病原体が存在する箇所」
病名 A型肝炎  アメーバ赤痢 大腸菌O-157 大腸菌    ノロウィルス 黄色ブドウ球菌
肛門・直腸
便


感染部位

「リミングをされた人が感染する部位」

感染者のリミングを受け入れる場合は、相手の喉や口内に淋病、クラミジア、カンジダがあれば肛門に感染しそこで発症しますが、血液や精液を介して感染するHIV、梅毒、B型肝炎C型肝炎であれば肛門の粘膜や皮膚の小さな傷から感染し体内へ侵入し全身へ広がります。

「リミングをした人が感染する部位」

リミングされる男性が感染者の場合は、肛門、直腸、便に含まれる病原菌がリミングをした人の喉に感染します。

相手の血液に病原体がある場合は肛門や直腸に傷や炎症がある時は血液を介して感染するHIV、梅毒、B型肝炎C型肝炎などが喉や口の粘膜から感染し体内へ侵入し全身へ広がります。

リミングで感染する可能性のある性病の種類

リミングする人が口を使った性行為で感染する病気には2種類あり、口内や喉から感染し喉で発症する病気と、口内や喉から感染し血流に乗り全身に感染する病気、人の便を介して感染し食中毒を起こす病気があります。」

「同様にリミングされる人が感染する病気にも2種類あり、肛門や直腸の粘膜から感染し近接する器官で発症する病気と、肛門や直腸の粘膜から感染し血流に乗り全身に感染する病気があります。」

参照記事:口と喉(のど)の仕組みと感染する性病(性感染症)

肛門や直腸の粘膜で発症する病気にはクラミジアや淋菌間炎症があり、血流に乗り全身に感染する病気にはHIV感染症、梅毒、B型C型肝炎があります。

その他、性病ではありませんが人間の便や肛門を介して感染する病原菌としてA型肝炎、アメーバ赤痢、大腸菌O-157、大腸菌、ノロウィルス、黄色ブドウ球菌があります。

喉(のど)の咽頭に感染し咽頭炎を起こす病気
クラミジア淋菌感染症
肛門や直腸に感染し炎症を起こす病気
クラミジア淋菌感染症
口内や肛門の粘膜の小さな傷から病原菌が侵入して感染し、血液中に入って全身に広がる病気
梅毒HIVB型C型肝炎
皮膚に感染し感染部位にイボなどの病変を起こす病気
性器ヘルペス尖圭コンジローマ
人間の便や肛門を介して感染し食中毒を起こす病気
A型肝炎、アメーバ赤痢、大腸菌O-157、大腸菌、ノロウィルス、黄色ブドウ球菌

赤痢アメーバ病の場合は原因不明の下痢が続いたり、血便、イチゴジャムのような形態の便が出たり、また便意をもよおしているのに便が出ない、排便の際に下腹部に痛みが走るなどの症状があります。

この赤痢アメーバ病を放置することで、赤痢アメーバ性大腸炎として発展すると38度以上の熱が出たり、上腹部の痛み、暑くもないのに大量に寝汗が出たり、肝臓が肥大化するなどより一層深刻な症状に至ることがあります。

食中毒菌の感染があれば、腹痛、吐き気、嘔吐、悪寒、発熱など食中毒の典型的な症状が出ます。

リミングによる病気の感染を予防する方法

感染経路である肛門や便と口や唾液の接触を遮断することが予防となります。

コンドームを切り開いたものをアナルにあててなめることで感染経路の遮断が可能です。

A型肝炎については、ワクチンの注射で感染を防げます。

もし、上記の予防措置がとれなかった場合は、うがい、手の洗浄、肛門の洗浄を十分にしましょう。

検査を受けた方が良い人

予防措置をとらずにリミングした人やされた人は検査を受けた方が良いでしょう。

その他、下記の症状がみられる場合は念のため検査を受けておきましょう。

感染か所で発症する病気の症状
  • 咳や淡など風邪のような症状が出る。
  • 喉に痛みや違和感がある。
  • 肛門の違和感。
  • 喉に痛みや違和感がある。
  • 女性の場合は性交渉の後に性器や性器周辺に痒みや痛みこれに加えておりものや生理の経血などに変調があった人
  • 男性の場合は排尿時の痛みや尿道から膿が出るなど普段はない症状が出現した人
  • 男女ともに性器や性器周辺、肛門付近にシコリやイボ状の突起ができたり赤みや発疹、水疱などの症状がみられる場合
全身に感染する病気の症状
  • 倦怠感
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 下痢
  • 体重減少
男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ