接触

教授
自慰行為は、オナニーまたはマスターベーションでは基本的には性病の感染はない。

キスでも性病は感染しないし、相手の性器を触っただけでは感染しない。

しかし、性感染症に分類される病原体はある条件がそろった時には感染してしまうので注意することは必要じゃ。

自慰行為(オナニー)・キス・相手の性器をさわる(手こき・手まん・ペッティング)だけでは感染しないが、ある条件を満たすと感染する可能性がある

「病原体が存在する箇所」
病名 クラミジア 淋菌感染症 カンジダ  トリコモナス 梅毒    HIV感染症 B型C型肝炎
尿道
精液
尿
膣・外陰部
膣分泌液
血液


これらの病原体は感染者の感染部位や媒体に存在するので、それらとの接触が無ければ感染しません。

しかし、なんらかの条件が揃い感染者の男性の尿道や女性の膣などの体の部位や精液、尿、膣分泌液、血液などの体液と粘膜が接触すると感染してしまいます。

それぞれのシチュエーションについて、当てはまるかどうかを考えてみましょう。

マスターベーション(自慰行為)による感染可能性はあるか?

「自分一人でマスターベーション(自慰行為)オナニーをすることで性病に感染することはありません。」

ただし不衛生な手で自慰行為をした場合は、男性であれば尿道、女性であれば膣の粘膜に手から雑菌が侵入し炎症を起こす可能性があります。

例外として、セックスパートナーとのプレイの一環で自慰行為をした場合で、相手が感染者で自慰行為をする前に相手の患部に接触したと限定すれば性病がうつる可能性はあります。

キスによる感染可能性はあるか?

「軽いキスをすることで性病に感染することはありません。」

ただし、相手が感染者で接触時間が長く唾液や口内の粘膜との接触があるディープキスや相手の唇に口唇ヘルペスなどの病変があるなどした場合は感染する可能性があります。

その他、相手が感染者で相手や自分のどちらかに口内に傷や炎症があり微量な出血がある場合は感染する可能性があります。

詳しくは、「喉にうつる性病」の記事でご確認ください。

参照記事:口と喉(のど)の仕組みと感染する性病(性感染症)

相手の性器や肛門をさわる(手こき・手まん・ペッティング)ことによる感染可能性はあるか?

「性病の病原体は体外へ出ると長くは生存することが出来ないので、仮に病原体に触れても洗浄することで感染することを防げます。」

ただし、セックスでは行為毎に洗浄することは考えられず1時間前後の短時間で相手や自分の身体に触れる機械が多いことから感染しないとは言い切れません。

接触の種類 行為のリスク
手こき(相手の性器をてでしごく) 男性器をしごく場合しごかれる場合も、手や性器に病原体が付着していなければ感染することはありません。
しかし、どちらかが感染者で汚染された精液や性器に触れた汚染された手で性器や口の粘膜に触れると感染する可能性があります。
ペッティング(手まん) 女性の膣や外陰を手でさわる場合もさわられる場合も、手や膣や外陰に病原体が付着してなければ感染することはありません。
しかし、どちらかが感染者で汚染された膣分泌液や膣や外陰に触れた汚染された手で性器や口の粘膜に触れると感染する可能性があります。
アナルの中を指でいじる アナルの中を指でいじったり触れるだけでは、手や肛門に病原体が付着していなければ感染することはありません。
ただし、感染者の肛門に入れた指を口にふれるとA型肝炎やアメーバ赤痢などの病原体が感染する可能性があります。
その他、相手の肛門に出血がある場合は、汚染された手で口や性器の粘膜に触れると血液を介して感染する病気のリスクが高まります。



これらの行為で感染する場合は、セックスにより感染する病気と同じなので詳しくはコチラをご参照ください。

参照記事:セックスで膣に挿入された場合(女性)やペニスを挿入した場合(男性)に感染する病気は何か?

検査を受けた方が良い人

下記の症状がみられる方は、検査を受けた方が良いでしょう。

  • 女性で、おりものの量や色が普段と違う
  • 性器や性器周辺に普段は見受けられない斑点やブツブツ・イボ・しこり・水泡ができた
  • 性器や性器周辺に痒みや痛みがある
  • 尿道から膿が出る
  • 体がだるい、発熱がある

その他、不特定多数との接触がある人、新しい相手と性行為をした人や、性風俗店などに行った人などは検査を受ける事をお勧めします。

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ

error: