おりもの「子宮頸部や膣からの分泌液や剥がれ落ちた細胞などが混ざったもの」 | 宅配ドクター

1おりものの仕組みと働き

さくら
おりものってべたつくし、下着は汚すし、ニオイがきらい。

やなことばかりだけど、何か体の役に立ってるのかしら?

まちこ先生
女性にとってはおりものって一生つきあわなきゃいけないものなのに、マイナスなことしか思い浮かばないかもね。

でもの、おりものは女性のライフサイクルにとって大切な役割を果たしているのよ。

おりものって何?

おりものは成熟した女性には誰でも分泌される生理現象で、体調の変化を教えてくれる貴重なサインなのです。

おりものは、子宮、膣、汗腺からの分泌物が混じりあった膣から出てくる液体です。

女性の子宮頸部や膣から分泌されるおりものは、子宮内部や膣からの分泌液や剥がれ落ちた細胞などが混ざったものです。

色や形は?

普段異常のないおりものは無色透明で白く、のり状です。

量やにおいは?

月経の前や排卵日にはおりものの量が増えたり臭いがしますが、普段はほとんど臭いがありません。

どんな働きをしているの?

下着について乾燥すると黄色っぽくなったりして気になりますが、おりものは女性の体を健康に維持してくれる大切な役を果しています。

女性にとって大切な役割は2つあり、「自浄作用」と「受精の手伝い」です。

自浄作用:雑菌の侵入をSTOP

「おりものは膣内はを清潔に保つ働きをしています。」

おりものには自浄作用があり、膣内で細菌が侵入繁殖しないように防止する役割があります。

受精のお手伝い:精子をHELP

「排卵期に精子がスムーズに到達し受精できるようにお手伝いをします。」

精子をおりもので保護して卵子まで移動することにより、受精をサポートしてくれます。

女性のサイクルとおりものの変化

「女性は、女性ホルモンの作用で毎月一定のサイクルで変化をします。」


生理・月経はそのサイクルによる生理現象でサイクルに合わせおりものの状態にも変化が出て月経の周期によって増減します。

通常は排卵期におりものが最も多く透明なゼリー状態になりますが、その後は量が減り粘りのある黄白色に変わります。

女性の体は女性ホルモンの影響で変化していきますが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌が深く関係しています。

卵巣から分泌される女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、おりものの量は、卵胞ホルモンの分泌にあわせて増減し、おりものの状態はこの2つのホルモンの分泌により変化します。

排卵時には卵胞ホルモンが最も多く分泌されて、排卵後は黄体ホルモンが増加しますが、妊娠しない限り両方のホルモン分泌量が減少して月経となります。

おりもの周期や変化を知っておけば、生理が近い、排卵日が近いなど自分でも知ることができるでしょう。

卵胞期:約8~15日

生理から排卵までの時期を「卵胞期」と呼びこの時期は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌され、卵子の元となる「卵胞」が卵巣内で成熟し、受精卵の着床に向けて子宮内膜が厚くなる時期です。

おりものの様子:生理・月経が終わった直後は、経血とおりものが混じって茶色っぽい状態で、量は少なく、さらっとした状態です。

排卵期:約2~3日「この時期のおりものは、受精のお手伝いをします。」

排卵期は、卵巣で成熟した卵子が卵巣から出る時期で、卵胞が成熟すると、脳下垂体から黄体化ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、排卵が始まり、排卵された卵子は、卵管を通り子宮へ向かいます。

おりものの様子:排卵期が近くなるとおりものの量が増え、ピークは排卵期(約2~3日間)が最も多く、色は透明で形状はとろみのある水のような状態でニオイは強くありません。

黄体期:約14日

排卵した卵胞は黄体に変化し、この時期は黄体ホルモン卵胞ホルモンが分泌されます。

この時期の黄体ホルモンの役割は受精卵が着床しやすいように子宮内膜をやわらかくし、体温を上昇させることで、基礎体温が高温期に入るのはこのホルモンによる体温上昇によるものなのです。

おりものの様子:排卵期が終わり黄体期に入るとおりものの量は次第に減り、色は白っぽくなり形状は粘性があるドロッとした状態になります。

粘性のある白濁した状態なので、下着にへばりつくことが多くシミの元になります。

生理・月経前

卵子が受精しなかったり受精卵が子宮に着床しなかった時は、黄体ホルモン卵胞ホルモンの分泌が減少し卵子はそのまま無くなります。

その後、不要になった子宮内膜が剥がれ落ち、血液と一緒に外に出ますがこれが生理・月経の経血になるのです。

おりものの様子:生理前に向けおりものの量が増えニオイも強くなり、色は白くなり形状は粘性のドロッとした状態になり、生理が始まると経血になります。

年齢によるおりものの変化

このようにおりものは女性ホルモンと深く関係しホルモンの分泌は年齢とともに変化するのでおりものの分泌量も加齢とともに変化します。

初経を迎えて徐々におりものが増えますが、まだ不安定な時期なので分泌量が増えたり減ったりします。

その後20代~30代で女性ホルモン分泌量はピークを迎えるのでおりものの分泌量も最大になりますが、加齢と共に女性ホルモン分泌量の減少と共におりものも減ります。

閉経を迎えると卵胞ホルモンの分泌はほぼなくなり、おりものも分泌されなくなります。

初潮~10代


成長とともに女性ホルモンの分泌が増え初潮を迎える頃からおりものが増え始めます。

女性ホルモンの分泌が不安定な時期なので、おりものの量も増減があります。

20代~30代


女性ホルモンの分泌が一番多い時期で、おりものの量も多くなり周期も安定する時期です。

30代~40代


女性ホルモンの分泌が減少しおりものの量もだんだんと減っていきます。

閉経後


閉経後2~3年経過すると、女性ホルモンの分泌が無くなりおりものの量も減ります。

体調とおりものの変化(生理中や生理後を含む)

通常生理の直前にはおりものの量が増えたり、色は白く臭いが強くなったり、少量の血液が混じり茶色く見える場合もありますが生理後は茶褐色になりおりものの量は減っていきます。

生理前のおりものの色が濃かったり、クリーム色でサラサラしていると、妊娠の可能性があります。

また排卵期や生理前でないのにおりものの量が増えた場合は、体の免疫力が落ちている可能性があるので十分に休むようにしましょう。

病気とおりものの変化

普段のおりものの色や量、臭いなどが、排卵前後や生理前など量の変化などに特に異常がなければ、特に体調の変化や病気の心配はないでしょう。

しかしおりものの色や臭いが異常だと感じたり、おりものがポロポロしてかゆみを伴ったり、おりものの異常と共に腹痛や発熱がある場合には、何らかの病気を疑ってみる必要があるでしょう。

参照記事:女性に多い性病の症状とは?

おりものの色や状態ニオイその他の症状可能性のある病気
白く濁る、
白いカッテージチーズの様
多い非常に強い外陰部のかゆみ
灼熱感、刺激感、
性交時の疼痛
カンジダ膣炎
灰色がかった色
水っぽい
魚の腐った
ような臭い
多い強い外陰部のかゆみ
刺激感
細菌性膣症
泡状
黄緑・異常な黄色
強い悪臭多い外陰部のかゆみ
灼熱感・刺激感
トリコモナス膣炎
黄緑がかった色
膿の様にみえることも
悪臭多い下腹部痛
発熱
淋菌感染症
無症状~水っぽい
ものが増える
多くなる
ことも
下腹部痛
発熱
クラミジア感染症
赤褐色、茶褐色、ピンク色悪臭がある
ことも
性交時出血子宮頸管ポリープ、
子宮頸ガン
赤褐色・茶褐色不正出血子宮体ガン

おりものの色や形状など見た目の異常と感染した性病

おりものが酒かすのようにポロポロしたり膣のかゆみがある場合には、膣カンジダ症の可能性があります。

また泡のある黄色や緑のおりもので、外陰部にかゆみやただれも伴う場合には、トリコモナス膣炎が疑われます。

匂いはなくても白や黄色で膿が混ざったネバネバしたおりものは、クラミジア感染症か淋菌感染症もしれません。

治療せず放置していると、炎症が卵管にまで及んで不妊症になってしまう恐れもあるので注意しましょう。

黄緑色の膿状態のおりものと共に、陰部の腫れやかゆみがあれば、細菌性膣炎の可能性が高いでしょう。

ピンクや褐色のおりものや、血が混ざっている場合には、子宮頸管ポリープの疑いがあるでしょう。

参照記事:おりものの色が白い・黄白色・黄色・緑色の時に考えられる疾患

参照記事:おりものの色が茶褐色・赤・黒・ピンク色の時に考えられる疾患

おりもののニオイの異常と感染した性病

生臭くて泡混じりの黄色や緑のおりものは、トリコモナス膣炎の疑いが高いでしょう。

参照記事:トリコモナス「原虫が性器内に入り込み炎症をおこし、性行為による感染以外に下着、タオル、便器、浴槽の共有での感染もある。」

鼻につくような腐った臭いで膿のような黄緑色のおりものが続いた場合には、細菌性膣炎の恐れがあります。

参照記事:細菌性腟症|常在菌と呼ばれる一般細菌がバランスを崩すことで起こる膣炎で特定の病原性細菌がない

悪臭を伴う黄色い膿のようなおりもので、陰部の不快感がある場合には淋病の可能性があります。

参照記事:淋病(淋菌感染症)「感染力の強い病原体の細菌が性行為により性器、尿道、喉感染し、10代後半から30代に感染者が多い。」

おりものの量が増える

量が増えることは、女性の生理現象での増減があるので、必ずしも病気であることを示すものではありません。

ただし、病気によっては症状の一つとして「おりもの」の増加がみられることがあるのでコチラで確認してください。

参照記事:おりものの量が多い時は病気なのか?

おりもの検査

膣分泌液を綿棒で採取して、その検体を検査することで性病の病原菌が存在するかどうかを調べることが可能です。

おりものの色やにおい、形状や量がいつもと違う場合は念のため検査をすることをお勧めします。

女性の性病検査キット

デリケートゾーンのケア方法

敏感なデリケートゾーンは、どのようにケアすれば良いでしょうか?

言うまでもなく敏感で皮膚は薄く粘膜で覆われている部分もありますので、直接ゴシゴシ洗わずに優しく丁寧に洗浄しましょう。

細かい部分に汚れがたまりやすいので、石鹸の泡や指の腹やシャワーを使って、傷つけないように丁寧に洗いましょう。

清潔にするのは大切ですが、膣の内部まで指で洗う必要はないでしょう。

膣内は弱酸性に維持されており、雑菌の繁殖を防止していますので、それを洗い流してしまうと逆に自浄作用が低下して、膣炎など発症する恐れがあります。

特に生理中は普段よりも敏感になっていますので、丁寧に優しく洗浄しましょう。

デリケートゾーンのケア方法

  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ