1性病の症状

性病(性感染症)の症状

教授
かつては風俗店の利用者の間や海外で一部の人が感染する病気と思われていた、性病・性感染症だけど、

最近では性行為に対する価値観が変化したこともあって、若い世代でもこうした性病・性感染症にかかる人が増えているんだ。

ひろと
どんな病気なのか教えてくれますか?
教授
英語で表記すると(STD=Sexually Transmitted Diseases)はその名の通り、性行為によって感染する病気のことだよ。

性行為のほかにアナルセックスやオーラルセックス、素股など感染者の体液や性器に接触する可能性のある行為は全て感染経路となるんだよ。

さくら
口でするのは大丈夫だと思ってた。
教授
安全な性交渉を行うためにも正しい知識を持つことが大切だからこれから勉強しようね。

参照:日本性感染症学会誌 性感染症 診断・治療ガイドライン

性感染症の症状は感染部位や性別によっても異なる

ひろと
どんな症状が出るのか気になるな。
教授
症状は性別や感染部位によって異なるんだ。

症状はかゆみや炎症、発疹や痛みなど比較的軽いかもしれないけど、放置しておくと生殖機能にまで感染が広がり、男性であっても女性であっても不妊の原因になることがあるんだよ。

ひろと
子供が産めなくなっちゃうってこと?
教授
妊娠中に感染していると、早産や死産の招くだけではなく、母子感染の可能性も高まりるんだよ。

特に女性の場合は不妊につながるなど心身ともに大きなダメージを受けることがあるので軽く見てはだめだよ。

さくら
なんだか怖いわ!早く教えて!

男女共通「喉(のど)の症状」

教授
病原体は性器だけではなく、喉にも感染するんだ。

感染すると喉の腫れや痛みが出るけど、気が付かないことの方が多いね。

ひろと
なんだか風邪と間違えそうな症状だね。
さくら
どんな病気が喉に感染するんですか?
教授
喉に感染する性病には、のどクラミジアやのど淋菌があるんだよ。

症状が軽くて気が付かないので感染を広げてしまうケースが多いんだ。

参照記事:口と喉(のど)の仕組みと感染する性病(性感染症)

参照記事:喉が痛い、痰が出る、は性病の症状なのか?

男性に多い症状

ひろと
男の子は感染するとどんな症状が出るんですか?
まさお先生
女性に比べて症状は出やすいんだけど、症状がはっきりしないので病院へ行かずに感染を広がてしまうことも多いね。

症状は男性器の痛みや違和感が多く、これは日本で報告数が一番多い性器クラミジア、二番目の淋菌感染症の症状なんだよ。

男性の症状
部位症状可能性のある病気
喉の腫れや痛みのどクラミジア、のど淋病
咳や淡が出るのどクラミジア、のど淋病
性器周辺排尿時に痛みがあり、尿道から膿が出るクラミジア、淋病、トリコモナス
尿道にかゆみなどの不快感があるクラミジア、淋病、トリコモナス
排尿時の痛みクラミジア、淋病、尿道炎
尿が白く濁るクラミジア、淋病、尿道炎
透明な膿が出るクラミジア、尿道炎
黄色い膿が出るトリコモナス、淋病、カンジダ
ふともも
付け根
リンパ節の腫れ梅毒、ヘルペス
亀頭部赤くはれるカンジダ
陰茎小豆くらいのしこり梅毒
小さな痛みのある発疹尖圭コンジローマ
水疱ができるヘルペス
睾丸腫れるクラミジア、淋病
痛みクラミジア、淋病
性器、肛門、唇痛みをともなわないしこりや腫れがある梅毒
全身全身に赤茶色のできものや発疹ができる梅毒
吐き気や食欲不振、全身倦怠感、発熱などが続くB型肝炎、C型肝炎
発熱、咽頭炎、下痢、リンパ節の腫れ、倦怠感などの症状が1ヶ月以上続くエイズ

参照記事:男性に多い性病の症状とは?

参照記事:(男性器)尿道から膿がでる時に考えられる疾患

参照記事:(男性器)尿道が痛い時や違和感がある時に考えられる疾患

参照記事:男性器や周辺にできもの(イボやぶつぶつ)・「しこり」・「潰瘍」・「皮膚のただれ」ができた時に考えられる疾患

女性に多い症状

さくら
女の子は感染するとどんな症状が出るんですか?
まちこ先生
女の子の症状は、女性器や下腹部の症状やおりものの色や臭いに異常が出るけど、症状が出ないことの方が多いの。

症状が出ないので、感染に気づかずに病気を放置させがちで、感染が生殖器に感染すると不妊の原因となるので特に注意が必要よ。

女性の症状
部位症状可能性のある病気
喉の腫れや痛みのどクラミジア、のど淋病
咳や淡が出るのどクラミジア、のど淋病
性器周辺性器周辺にかゆみや痛みを感じるトリコモナス、カンジダ、性器ヘルペス
強い痛みを感じ、排尿が困難である淋病、性器ヘルペス
ふともも
付け根
リンパ節の腫れ梅毒、ヘルペス
おりものおりものが多く、下腹部が痛む淋病、クラミジア
酒粕状、カッテージチーズ状のおりものが出るカンジダ
あわ状で悪臭の強いおりものが出るトリコモナス
痛みクラミジア、淋病
性器、肛門、唇痛みをともなわないしこりや腫れがある梅毒
全身全身に赤茶色のできものや発疹ができる梅毒
吐き気や食欲不振、全身倦怠感、発熱などが続くB型肝炎、C型肝炎
発熱、咽頭炎、下痢、リンパ節の腫れ、倦怠感などの症状が1ヶ月以上続くエイズ

参照記事:女性に多い性病の症状とは?

参照記事:おりものの色が白い・黄白色・黄色・緑色の時に考えられる疾患

参照記事:おりものの色が茶褐色・赤・黒・ピンク色の時に考えられる疾患

参照記事:おりものの量が多い時は病気なのか?

参照記事:デリケートゾーン「女性器(あそこ・まんこ・おまた)の痛み」がある時に考えられる疾患

参照記事:デリケートゾーン「女性器(あそこ・まんこ・おまた)」のかゆみとかぶれの原因(性病や肌のトラブル)と対策

参照記事:デリケートゾーン「女性器(あそこ・まんこ・おまた)」が臭い時の原因と対策

参照記事:デリケートゾーン・女性器(あそこ・まんこ)や周辺にできもの(イボやぶつぶつ)・しこり・潰瘍・皮膚のただれができた

男女共通(身体症状)

教授
倦怠感・嘔吐・発熱・下痢・発疹・体重減少などを身体症状と言うんだけど、HIV、B型肝炎、C型肝炎、梅毒の感染時に出る場合があるけど、どれも症状で何か気づくという程はっきり出るわけじゃないんだ。

一定期間過ぎると症状が治まり、無症候期や潜伏期間に入るものがあるので注意が必要じゃ。

参照記事:身体症状(発熱・倦怠感・嘔吐・下痢・体重減少)が出たら性病なのか?

性感染症にはどんな病気があるの?

さくら
どんな病気があるんですか?
まちこ先生
治療薬の内服で完治する症状の軽いものから、放っておくと命に関わるものまで様々よ。

1)比較的症状が軽いもの

クラミジア感染症の症状

女性の症状

まちこ先生
女性で最も感染者数が多いのが性器クラミジアで、性感染症患者のほぼ5割を占めてるの。

女性は症状が無いことが多く、感染後放置しておくと、感染が広がり子宮卵管炎、子宮頸管炎になる可能性があって

子宮頸管炎が進行して骨盤腹膜炎を発症すると卵管がつまってしまい、不妊になるということがわかっているのよ。

  • おりものが増える
  • 下腹部に痛みを感じたりや性交時に痛みを感じる
  • 不正出血がある
  • 自覚症状を感じない

男性の症状

まさお先生
男性の場合約2週間の潜伏期を経て男性器から透明の膿が出、尿道の違和感を感じることもあるけど症状が出ない人もいるんだ。

放っておくと尿道炎や副睾丸炎になり患部が腫れるなど症状が悪化するんだよ。

  • 排尿時に灼熱感や痛みを感じる
  • 尿道にかゆみ、不快感を感じる
  • 睾丸が腫れる
  • 尿道からの最初は薄く次第に濃いクリーム状の膿が生じる
  • 軽い発熱、痛みがある
  • オーラルセックスやキスで、経口感染する可能性があります。

参照記事:クラミジア「性行為により30%~50パーセントの確率で感染し、自覚症状があまりない。」

淋菌感染症の症状

女性の症状

まちこ先生
女性の場合は出ても症状がおだやかで、出ない人も多いの。

症状だ出ても淋病特有の症状ではないので気が付かない人も多いのよ。

  • 排尿時の痛みを感じる
  • 頻尿になり、残尿感がある
  • 黄緑色や悪臭を伴うおりものが増加する
  • 下腹部の痛み、発熱がある
  • 自覚症状を感じない

男性の症状

まさお先生
1週間以内の潜伏期間を経て尿道痛、尿道から膿が出る、排尿時の激しい痛みなどの症状が現れるんだ。

放置すれば尿道炎や副睾丸炎を発症し重篤化するよ。

  • 排尿時の激しい痛みがある
  • 尿道のかゆみ、熱っぽさ、不快感がある
  • 尿道からの粘り気のある黄色い膿が生じる
  • 頻尿になる
  • 精巣上体にはれがある
  • ペニスの開口部が赤く腫れる
  • 進行すると頻尿、排尿困難、排尿の終わりに出血がある
  • オーラルセックスやキスで、口に感染する可能性があります。

参照記事:淋病(淋菌感染症)「感染力の強い病原体の細菌が性行為により性器、尿道、喉感染し、10代後半から30代に感染者が多い。」

トリコモナス症の症状

女性の症状

まちこ先生
女性の症状は、約半数の人は症状が出ないんだけど、

症状が出る人は、泡状の悪臭のあるおりものが増えたり膣のかゆみや違和感が出るの。

  • 膣や外陰部に強いかゆみを感じる
  • 白か黄色の泡状で、悪臭を伴うおりものが増加する
  • 排尿時と性交時に痛みを感じる
  • 悪化することで外陰部が赤くただれる
  • 無症状の場合もある

男性の症状

まさお先生
稀に、トリコモナスが原因で尿道炎や前立腺炎を起こし症状が出る場合はあるんだけど、

男性は症状が出ないことの方が多いね。

  • 尿道から膿が出る
  • 排尿の痛み、不快感を感じる
  • 無症状で自覚しない事が多い

参照記事:トリコモナス「原虫が性器内に入り込み炎症をおこし、性行為による感染以外に下着、タオル、便器、浴槽の共有での感染もある。」

カンジダ症の症状

女性の症状

まちこ先生
膣や外陰部のかゆみ、痛み、排尿痛、チーズ状、ヨーグルト状のおりものが増加する場合があるわ。
  • 膣や外陰部のかゆみ、痛みがある
  • ヨーグルト状のおりものの増加する
  • 症状が進むと膣からあふれる量のおりものが出る
  • 排尿障害がある
  • 性交時に痛みを感じる
  • 性器の炎症(熱っぽい、痛み)

男性の症状

まさお先生
男性の症状は出ないことが多いけど、

出る場合は包皮や亀頭からアカのようなカスや患部が赤くなりかゆみや痛みを感じる人がいるね。

  • 亀頭と包皮にかゆみ、ただれが生じる
  • 亀頭に小さな水泡ができる
  • 亀頭が赤くなり白いカスが出る
  • 尿道炎を起こすこともある
  • オーラルセックスやキスで、口に感染する可能性があります。

参照記事:カンジダ「健康な人でも持っている常在菌で、疲れやストレスなど抵抗力が落ちることで発症する。」

2)継続的な治療が必要なもの、あるいは治療をせずに放置したり、一部、症状が劇症化した際に死に至る恐れのあるもの

HIV感染症(エイズ)の症状

教授
感染後1週間ほどで高熱や頭痛、筋肉痛などの初期症状がでるけど、1週間程度で消えて無症候期に入るんだ。

症状が出ないけど、HIVウイルスが体内から駆逐されたわけでは無く、感染後7から8年ほどで免疫力が衰え、様々な日和見感染症の他に下痢や発熱、全身のだるさなどの慢性症状が現れるんだ。

免疫系が破壊されエイズに特異的な日和見感染症を発症するケースが多く、それらによってHIV陽性と判明することもるんだよ。

感染初期

  • 発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛
  • 風邪やインフルエンザに似た症状

潜伏期

  • 全く症状のない期間が、約5~10年程度続く
  • 人によっては帯状疱疹と呼ばれる体の右左どちらかに小さな水ぶくれが多くできる

発症期

  • 下痢やひどい寝汗
  • 急激な体重減少
  • 免疫機能の著しい低下
  • 健康な人では問題にならない感染症や悪性腫瘍にかかる

参照記事:エイズとHIV感染症「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して免疫不全を起こす疾患で血液や精液などの体液を介して感染する。」

梅毒の症状

教授
梅毒トレポーマという細菌が原因で発症し、治療をしないと長い時間をかけて少しずつ進行していくんだ。

潜伏期間は3週間ほど、その後症状の第1期として患部にしこりが形成され、この期間は比較的症状が軽いものの、この後バクテリアは全身に広がり「バラ疹」という特徴的な発疹、微熱、倦怠感などを伴う「第2期」、顔や骨にしこりができ、容貌が変化する「第3期」、知能低下や歩行障害の後死に至る「第4期」の4段階に分かれてるんだ。

梅毒1期(約3週間後)

  • 感染した箇所に痛みのないしこりができる
  • (赤い軟骨の硬さ程度で小豆から人差し指の先位の大きさのもの)
  • 痛みのないリンパ節(太ももの付け根)のはれ
  • 女性では気付かない場合がほとんど
  • これらの症状は、放置しておくと2~6週間で消えます

梅毒2期(約3ヶ月後)

  • 全身にまばらにできる赤い斑点
  • 皮膚から盛り上がったブツブツ
  • 体の中心から顔や手足に、ピンク色の円形のあざ
  • 脱毛症状(後頭部に脱毛が見える)
  • これらの症状は、3ヶ月から3年続いて自然に消えます

梅毒3期(約3年以上経過)

  • 皮膚や内臓にゴム腫と呼ばれる、大きめのしこりができる
  • (周辺の組織を破壊し、治るとあとが残る)
  • ※現在ではほとんどみられない

梅毒4期(末期症状)

  • 関節炎や手足の感覚の喪失
  • 心臓、血管、目、脳などに重い障害が現れ、やがては死に至ります
  • 現在ではほとんどみられない
  • オーラルセックスやキスで、口に感染する場合があります。

参照記事:梅毒「感染経路は性行為、妊娠中、出生時の母子感染による、ペニシリンにより治癒するが病期を経て進行し第三期以降は治療が難しくなる。」

B型肝炎の症状

教授
B型肝炎ウイルスに感染した時に出る初期症状は、倦怠感、食欲不振、悪心・嘔吐等があるんだ。

さらに経過すると、皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる黄疸が見られることもあるね。

ただし、自覚症状が現れにくいので気になる人は血液検査をするしかないんだよ。

  • 倦怠感や疲労感
  • 微熱や下痢
  • 不眠症、食欲不振、吐き気
  • 濃い色の尿が出る
  • 体や白目の部分がやけに黄色っぽくみえる
  • 肝臓周辺に鈍い痛みを感じる
  • 症状を起こす人は感染者の約3分の1
  • オーラルセックスやキスで、口に感染する場合があります。

参照記事:ウィルス性肝炎(B型肝炎とC型肝炎)|感染後に慢性化すると5~10年後に肝硬変や肝臓がんに進む可能性

C型肝炎の症状

教授
C型慢性肝炎の症状としては全身のだるさや食欲低下などがあり、肝硬変にまで進むと腹水、むくみ、黄疸などの症状がでることがあります。しかし、C型慢性肝炎の特徴は症状の少ないことです。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれる症状がでにくいので、C型肝炎ウイルス感染が気になる場合は血液検査をおすすめするね。

  • 食欲がない
  • 体がだるく、濃い色の尿が出る
  • 体や白目の部分がやけに黄色っぽくみえる
  • A型肝炎やB型肝炎に比べて症状は軽い

参照記事:ウィルス性肝炎(B型肝炎とC型肝炎)|感染後に慢性化すると5~10年後に肝硬変や肝臓がんに進む可能性

子宮頸がんの症状

まちこ先生
子宮頸がんは、ヒトパピロマウイルス(以下HPVと呼ぶ)に感染することによって発症するウイルス性のがんなのよ。

HPV自体には100種類以上が知られているけど、このうちHPV-16とHPV-18が悪質で、発生原因の7割を占めていてハイリスクにHPV分類されてるわ。

将来の発生リスクを抑えるには、このハイリスクHPVの有無を検査する必要があるの。

  • 出血してしまった。
  • 下腹部に重みを感じる、もしくは痛い。
  • 生理不順が頻繁に起きている。
  • おりものの色がおかしい、もしくは異臭を感じる。
  • 腰痛が始まった。
  • 血尿・血便・頻尿が激しい。

参照記事:ハイリスクHPV(ヒトパピローマウィルス)「子宮けい癌を起こす危険なウィルス」

性器ヘルペスの症状

まさお先生
男女ともに強い痛みを感じるという特徴があるんだよ。

単純ヘルペスウイルス感染すると2から10日後にかゆみ、小さな水泡が現れるんだ。

このヘルペスには急性型と再発型の2種類があり、女性は急性型の場合感染後3から7日で幹部粘膜の不快感、熱さなどの局所的症状の他に頭痛や発熱、疲れなどの全身症状が現れる場合があるね。

再発型の症状は急性型とよく似ているけど、程度は軽く、おさまって1から3か月おきに再発を繰り返すという特徴があるんだよ。

  • 患部のかゆみ
  • 小さな水泡の出現
  • 水泡の破裂による痛み
  • 歩行困難

参照記事:性器ヘルペス|ウィルスが体内に残り再発することが多い

「え?これも性感染症なの?」と思った方もいるかもしれませんね。

性感染症というと、セックスパートナーが多い人がかかるといったイメージがあるかもしれませんが、パートナーが性感染症の病原菌のキャリア(保菌者)であれば、相手が一人であっても感染する可能性はあるのです。

検査をパートナーと一緒にする理由

性感染症(性病)にはピンポン感染というのがあります。

カップルが、お互いに性病をうつし合ってしまうことを「ピンポン感染」と言います。

例えば、カップルの片方がクラミジアのかかったとします。

その場合、性行為によってパートナーにもクラミジアをうつす可能性があります。

その後、本人が治療し治っても、パートナーのほうが治療をしていなければ、性行為するたびに再び感染することになります。

こうしたピンポン玉のやりとりのような繰り返し感染することを「ピンポン感染」と呼びます。

ですので特定のパートナーがいらっしゃる方は、パートナーと一緒に検査することが必要です。

snaviTitle

複数の性感染症の検査をまとめて受けることができるクリニックも増えているので、健康診断のつもりで受けてみるのもいいでしょう。

クリニックの受診に抵抗がある方は自宅でできる検査キットを利用するという方法もあります。

性感染症の中には治療をせずに放置すると内臓をむしばんでやがて死に至る恐ろしい症状もあります。

ただし、かつては不治の病と思われてきた梅毒は早期治療することで完治させることができますし、HIVウィルスに感染した場合も継続的な治療を行うことで、長期間、健康な人と同じ生活を送ることができるようになっています。

子宮頸がんの原因となるHPVウィルスの感染も定期的な検査で発見することができます。

早期治療を行えば治療後の経過も良い患者さんが多く、妊娠の可能性を残すこともできるのです。

症状があった時のための検査キット

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ