サイトメガロウイルス感染症|ヒトヘルペスウイルスの一種サイトメガロウイルス(CMV)による感染 | 宅配ドクター

サイトメガロウィルス

さくら
サイトメガロウイルスに感染する子供が増えているってニュースで見たけど、大人も感染する病気なの?
まちこ先生
ほとんどの人が一生に一度は感染するといわれるウィルスが原因の病気で、大人での感染例も多いのよ。

サイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルス感染症はサイトメガロウイルス(CMV)と呼ばれるヒトヘルペスウイルスの一種によって起こる感染症です。

日本人の多くが母子間で初感染し、成人の60~90%に感染歴があると言われています。

一度感染すると、症状が出ない潜伏感染という状態でCMVを保有していることになります。

尿や唾液、鼻汁、母乳、血液、膣分泌液、精液、臓器移植などを介して感染し、生涯のうち1度もCMVに感染しないという人はほとんどいないと考えられています。

妊娠中にCMVに母体が感染して胎児に感染する先天性感染の場合、母親が抗体をもっていれば多くの場合無症状ですが、妊娠中にCMVに初感染すると流産や死産の原因になったり出生後胎児が死亡するほどの感染症を引き起こすこともあります。

また生まれた場合も重い後遺症や先天性異常を持っていることがあります。

これに対し、健康な子供や成人になってからCMVに初感染するケースでは症状が起こらないこともありますが、症状が出る場合も発熱やリンパ節の腫れ、肝炎、脾腫など伝染性単核球症と似た軽い症状がほとんどです。

また健康な人でも免疫力が低下している場合、潜伏感染で保有していたウイルスが活発化し症状が出ることがあります。

病原体

サイトメガロウイルス(CMV・ヒトヘルペスウイルス5型)

感染経路

胎内で感染する先天性感染と血液、唾液、鼻汁、精液、膣分泌液などさまざまな体液に接触することで感染します。

性交渉や輸血、唾液の飛沫で感染することもあります。

潜伏期間

成人してから初感染した場合、20~60日程度。

潜伏感染している場合、免疫力が低下すると発症するため、この期間には該当しません。

感染部位

さまざまな体液との接触によって感染するため、感染部位の特定は困難です。

病気の症状

健康な人が感染した場合、発熱や肝臓、リンパ節などの腫れなど軽い症状で済むことがほとんどです。

ただし、化学療法を受けている人やHIV感染者など免疫力が低下している人の場合、網膜炎や肺炎、髄膜炎、腸炎などを引き起こすことがあります。

妊娠時にCMVに初感染すると流産や死産、新生児死亡などの原因になったり、胎児に先天性感染させてしまうリスクが高まります。

胎児が感染してしまうと肝障害や水頭症や小頭症、中枢神経の損傷といった先天性異常が起こる可能性があります。

また生まれた後も赤ちゃんの健康な成長に影響を与えることがあります。

病気の進行(合併症を含む)

成人になって初感染した場合や潜伏感染していて、ウイルスが活発化した場合、健康な人であれば軽い症状が出るだけで自然に治ります。

ただし化学療法や血液透析を行っている方、臓器移植や骨髄移植を受けた方、HIV感染者など免疫力が低下している場合、網膜炎を引き起こして視力を失ったり、肺炎や髄膜炎、腸炎など、命に関わる症状が合併症として起こる場合があります。

検査の方法(採取検体・検査方法)

血液を採取して抗体検査、ウイルス検査を行います。

治療方法

特別な治療方法はなく、自然治癒するまで安静にしておく方法がとられます。

網膜炎や肺炎、隨炎などを起こしている場合、抗ウイルス剤を用いて治療を行いますが、副作用が強い治療方法です。

参照記事:性病(性感染症)の治療「抗生剤の服用、注射、塗布により病原体の除去が中心となる。」

予防方法

さまざまな体液によって感染するため、性交渉時にコンドームを使用するだけでは予防できません。

免疫力が低下しているとき、体調不良が長引いたら早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

現在のところサイトメガロウイルスに対するワクチンはありません。

妊娠前にサイトメガロウイルス抗体を持っているかどうかの検査をすることも重要になってきています。

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ