性感染症の解説 性感染症の種類
性感染症の予防 性感染症と不妊
性感染症と子宮頸癌 性感染症と早産流産
エイズ 肝炎ウィルス 梅毒 クラミジア
淋病 トリコモナス カンジダ 子宮頸癌
毛ジラミ 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス) 非クラミジア性非淋菌性尿道炎
疥癬(かいせん) 軟性下疳(なんせいげかん) 細菌性腟症 伝染性単核球症(キス病)
サイトメガロウイルス感染症 成人T細胞白血病 フォアダイス 亀頭包皮炎と外陰炎

性病の基礎知識

性病の症状 行為別の性病リスク 性病の潜伏期間
性病検査のメリット・デメリット 喉に感染する性病 お客様の声

デリケートゾーンのケア方法

性病の症状が出る場所

男性器 女性器 口と咽 肛門と大腸 おりもの

性病の検査

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット


デリケートゾーンのケア



デリクリア

宅配ドクターのレビュー(体験談)



体験者の声

性病(性感染症)について

性感染症とは、性行為によって感染者から病原体が非感染者に感染する病気と定義され、感染経路は膣による性交だけではなく、類似行為であるオーラルセックスやアナルセックスなど性的な接触で感染するすべてが含まれています。

性行為と言う人間の営みの中で感染するため、誰もが感染する可能性を持った病気であり、誰にでも生じ得る健康問題でもあります。

性病(性感染症)は無症状であったり、症状が出ても自覚できないくらい症状が軽かったり、恥ずかしさなどから医療機関を受診し難いことから病気の発見が遅れ、病気が進行したり感染が拡大する傾向にあります。

症状が軽いからといって放置すると、完治が難しくなるくらいに病気を進行させたり、不妊症などの後遺症を残す事になるので、感染の放置はしてはいけません。

また生殖年齢に達した女性が感染すると、出産時に産道で新生児への感染する母子感染などのリスクが高くなり、子供の将来にもかかわります。

病原体は細菌によるもの、ウィルスによるもの、原虫や寄生虫によるものまであり病態や症状も様々です。

病原体が細菌の病気では、クラミジア感染症、淋菌感染症(淋病)、梅毒、カンジダ症などがあります。

病原体がウィルスの病気は、HIV感染症(エイズ)、B型肝炎、C型肝炎、HPV、ヘルペス、子宮けい癌などがあります。

病原体が原虫や寄生虫の病気は、トリコモナス、毛じらみなどがあります。

性病(性感染症)は、自覚症状が少ないので、検査による早期の発見と早期治療が重要です。

性病(性感染症)の感染経路

性病の多くは、下記のような行為を通じて感染します。

病原体は、粘膜の接触や血液を介して、性器や咽頭に感染するので性器の接触以外でも感染します。

膣性交・・・膣にペニスを挿入して行うセックス。

生理中や性器に炎症や小さな傷口があると血液を介して感染する病気にも感染します。

口腔性交・・・口や手を使ったセックスや、フェラチオ、クンニリングスなどの愛撫。
(オーラルセックス)

肛門性交・・・肛門にペニスを挿入するセックス。
(アナルセックス)

肛門での性行為は出血を伴う場合が多いので、血液を介して感染する病気にも感染します。

性病(性感染症)の予防

コンドームを使用する

コンドームを使用したセックスが現実的な感染の予防法ですが、正しく使わないと感染を許す可能性があります。

また、口で行うオーラルセックスの場合はコンドームを使用しないケースが多いですが、性器とのどの間でも病原体の感染があるのでコンドームをすることをおすすめします。

HPVなどの予防にはワクチンの使用も有効です。

セックスをしない

最も安全な予防法は、性行為や類似行為をしないことですが、現実的ではありません。

ですので、交際する時はお互いに性病の検査をしてから交際し、感染していない特定のパートナーとのみセックスをするようにすることも一つの方法です。

参考サイト

厚生労働省:感染症情報

国立感染症研究所:感染症情報

東京大学医科学研究所:アジア感染症研究

サブコンテンツ
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ