細菌性膣炎

細菌性腟症

細菌性腟症は体内にある常在菌と呼ばれる一般細菌がバランスを崩すことで起こる膣炎で特定の病原性細菌がないことが特徴です。

膣内にはもともと自浄作用があり、細菌のバランスを保っていますが体の免疫力が低下することで悪玉菌と呼ばれる大腸菌・ブドウ球菌・連鎖球菌などが増え、膣炎を引き起こします。

健康な女性の膣は善玉菌の働きによって酸性に保たれ、非常に強い自浄作用を持っています。

しかし、体力が落ちているときや体調の悪いとき、生理周期など女性の体はちょっとしたことでホルモンバランスを崩しがちです。

すると膣内細菌のバランスが崩れ、雑菌が繁殖して悪玉菌が優勢の状態になってしまうのです。

細菌性膣症が起こると臭いのあるおりものが増え、外陰部や膣のかゆみや下腹部の痛みなどを感じることがあります。

常在菌が原因となっているため、発症例が多く婦人科でも細菌性腟症と診察される女性は増えています。

また、この細菌性膣炎はクラミジア、カンジダ、トリコモナスなど特定の細菌によって起こる特異的膣炎と区別して、非特異的膣炎と呼ばれることもあります。

病原体

特定の病原体はなく、大腸菌・ブドウ球菌・連鎖球菌などの常在菌が増殖することで起こります。

感染経路

不潔な状態での性交渉や過度の刺激が原因となることもありますが、常在菌のバランスが崩れることが原因であるため、性交渉がない場合でも発症することがあります。

潜伏期間

常在菌が原因で起こるため、潜伏期間はありません。

感染部位

膣内に感染が起こります。

病気の症状

外陰部の腫れやかゆみ、排尿時の違和感、下腹部痛などさまざまです。

また魚のような臭気を持つ灰白色のおりものが増える場合もあります。

ただし症状が軽いことも多く、細菌性膣症を起こしていることに気がつかない人もいるようです。

病気の進行(合併症を含む)

繁殖した雑菌が子宮頚管を通って、子宮内膜炎や卵管炎・骨髄腹膜炎などを起こすことがあります。

また膣トリコモナス炎や子宮頚管炎が合併症として起こることもあります。

妊娠時に細菌性膣炎を起こすと、早産や赤ちゃんの肺炎、髄膜炎や菌血症などの原因にもなります。

検査の方法(採取検体・検査方法)

膣から分泌物を採取して行います。

治療方法

クロラムフェニコール、メトロニタゾールといった抗生物質を含有した膣錠の挿入、ペニシリン系やメトロニタゾールを内服して行います。

抗生物質を含む軟膏を塗布することもあります。原因となる菌によって処方される薬は異なります。

予防方法

膣内の細菌バランスが崩れる原因になりやすい生活習慣を改めましょう。

他の病気で抗生物質を長期間服用したり、膣内洗浄を頻繁に行うと、善玉菌の量を減らして結果的に悪玉菌を増やすことになります。

また不潔な性行為で感染することもあるため、コンドームの使用も有効と言えるでしょう。

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ