家電ライターが取材・体験した | 宅配ドクター

家電ライターが取材・体験した 
子宮けいガン+HPV検査キット

女性のみなさんは、婦人科を受診したことがありますか?

私は生理不順と生理痛がひどかったため、20代前半で何度か婦人科を受診しました。

そのときには不安と恥ずかしさでさんざん悩みましたが、生理痛のひどさに耐えきれず、一通り検査をしてもらいました。

そのときは緊張しましたが、短時間で終わったことでホッとしたことを覚えています。

検査後、医者からは特に問題ないと言われたことで安心し、生理痛に関しては頭痛薬で対処していました。

その後、一度受診したことで「自分はもう大丈夫だろう」と安心し、そういった病気は他人事のような気がして、何も検査をすることなく過ごしていました。

30代になり、結婚して第一子を妊娠します。

そのとき、妊娠初期で子宮頸がん、HPV(ヒトパピローマウィルス)、性病などの検査を一通り受けることになりました。

結果は陰性だったのでよかったのですが、このときハッとしました。

ずっと検査していなかったので、自分の体がどうなっているのか、全くわからなかったのです……。

妊娠中にも治療はできますが、つわりもひどかったですし、さまざまなリスクを考えると、妊娠する前にきちんと検査しておけばよかったと後悔しました。

妊娠する前であれば、何か陽性であっても、治療してから万全の状態で妊活できます。検査の重要性に、妊娠してから気がついたのでした。

厚生労働省によると、HPV(ヒトパピローマウイルス)は、性経験のある女性であれば、50%以上が生涯で一度は感染するとされている、ごく一般的なウイルスだそうです。

このウイルスは、子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気に関わっているとのことです。

特に近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えていることもあり、問題視されているウイルスなのです。

子宮頸がんの検査ももちろんですが、その原因になり得るHPVの検査も、大事なんですね。

しかし、病院へ行くのはハードルが高いという方も少なくありません。

時間がとれないという理由もそうですが、恥ずかしいという方も多くいます。

そんな方々におすすめなのが、郵送して検査できる検査キットです。

私も初めてでしたが、試してみることにしました!

検査キットが届く……これなら家族にも内容を知られない!

「宅配ドクター」のサイトで、女性専用子宮頸ガン+HPV検査キットを申し込んでみることにしました。

申し込む前に不安だったのは、「結果は正確なのか」ということ。

そこで、検査を請け負っているGME医学検査研究所について調べてみました。

群馬の提携登録検査所で検査をしているとのこと。

大手病院からの検査も受託しており、病院と同じ精度だそうです。

これなら結果も安心できますね。

さっそくサイトで申し込みました。サイトはわかりやすく、申し込むのは簡単です。

嬉しかったのは、伝票をこちらが指定した通りに変更してくれること。

通常の商品発送の場合、発送元には「株式会社宅配ドクター」と明記されますが、個人名にして発送してもらうこともできます。

その場合は、注文の際に備考欄で「個人名希望」と記入しておけばOKです。

実際に届いた包装を見ると、女性名になっており、品目も「化粧品」となっていました。

これなら家族にもバレず、恥ずかしい思いをしなくてもすみますね。

もし家に届けられて不都合がある場合は、このように指定しておくと安心ですよ。


こんな風に袋に入って宅配便で届きました


一見、個人から化粧品が届いたようにしか見えません

検査料金には検査料・送料・容器代・返送料・消費税等、検査にかかわる全ての料金が含まれていますので、検査料金以外は一切かかりません。

検査は2種類!ドキドキ……でもあっという間に完了

小さなダンボールに入っているのは、検査取扱説明書、検査申込書、返信用封筒、検査申し込み番号シール(検査取扱説明書に添付)、子宮頸がん検査キット、膣用採取キット(予備も含めて2個)。


かわいらしい小箱に入っています


外箱を確認しましょう。今回発注した「子宮けいがん+HPV検査キット」で間違いありませんでした


フタを開けると書類と検査キットが入っています


取扱説明書には、セット内容と検査申し込み番号シールが添付されています。必ず確認してくださいね


検査申込書は複写式。パスワード、検体採取日、指名など漏れがないように記載し、1枚目を検体と一緒に送付します


検査セットは3種類。1つは予備となり、2つを送付する

検査が必要なのは2種類で、子宮頸がん検査キットと膣用採取キットを使います。両方同時に行う場合は、綿棒タイプの膣用採取キットから先にはじめます。


2種類同時に検査する場合は、綿棒タイプからはじめます


説明書がありますので、最初によく読んでおきましょう

どちらも、必ず検査前に手をよく洗って清潔にします。膣分泌液を採取する膣用採取キットは、生理中や性行為直後の使用はできません。

容器を袋から取り出し、検査申込番号のシールを容器に貼ります。

綿棒を取り出し、膣分泌液を採取します。

キャップを持って、綿棒を3~4cm挿入します。このとき、膣口を開きながらゆっくり挿入して、粘膜を傷つけないように注意しながら綿棒を7~8回、回転させながら分泌液を拭き取ります。

細いので簡単かと思いましたが、綿棒は乾いた状態で、最初入れにくく感じました。

立ったり、しゃがんだり、自分の入れやすい体勢を見つけられるとラクです。

リラックスしてくださいね。また、入れてちょっとでも痛いと感じたら、すぐに角度を変えてください。

軽く採取するのがポイントです。


長めの綿棒といった感じです。3~4cm入れればOK


説明書を読むと、奥まで入れる必要がないことがわかります

その後、綿棒がどこにも触れないように注意しながら容器に入れて、キャップを閉めてチャック付袋に入れます。作業自体は数分で終わりました。


ケースに戻せば終わりです!

次に子宮頸がん検査キット(加藤式自己擦過法器具)です。こちらも手をキレイに洗ってから使用します。生理中、妊娠中、性交後、膣内洗浄後、使用する前のお風呂は避けます。

ケースにはシールを貼っておきます。中は本体と固定液(ピンク色の液)が入っています。黄色のゴムキャップを外して、しゃがんだ姿勢で入れます。このゴムキャップはあとで使用するので、わかりやすい場所に置いておくと慌てずにすみます。


子宮頸がん検査キットを使用します


ピンク色の固定液と本体に分かれています


こちらも説明書が付属しています。よく読みましょう

使用方法はタンポンと似ていました。ツバのところまで入れたら、ハンドルを押すとスポンジが膣の中で出てきます。


黄色い矢印がツバの部分。ここまで入れます


タンポンと同じような構造。ハンドルを押すと中のスポンジが出てきます

タンポンを使っている方なら、すぐにできると思います。さきほど使用した膣用採取キットよりも、むしろ簡単にできました。太い分、角度は間違えようがなく、すんなり入るからです。

息を吐きながら、こちらもリラックスして行うとうまくいきます。

あとはスポンジを6回まわし、そのままハンドルを引いて元の位置に返し、器具を膣の中から取り出します。

はずした器具の先端を見て、スポンジが収まっているのを確認してから、スポンジ部分にピンクの固定液(薬)を全部注ぎ入れます。

すぐにスポンジに染み込んでいきますので、器具のまわりをティッシュ等で拭き取ってから、キャップをしっかりとかぶせましょう。元のケースに収めたら、こちらの検査は終了です。


最後にピンク色の液体を入れてから、ゴムのスポンジでしっかりかぶせておきます

検査申込書のパスワードをお忘れなく!

そして大事なのが、検査申込書です。こちらは、あらかじめ検査申込内容が印字されていますが、他の情報は自分で記入する必要があります。

インターネットや電話で結果を確認する場合、必要となるパスワードは必ず記入しましょう。

他に、検体採取日、緊急連絡先、名前、性別、生年月日などを記入します。

 郵送で結果送付を希望する方は、氏名、住所も記入します。

郵便での結果報告を希望でない方は、必要ありません。

郵送の場合は簡易書留で指定の住所に発送されます。

このとき、検査キット郵送時と同様に、個人名で送付を洗濯された方への結果郵送は、同様に個人名で送られてくるので安心です。

使用した検体2種類と検査申込書を付属の封筒に入れて投函して、あとは結果を待つだけ! 検査の所要日数は5日~7日とのこと。


封筒に切手をはる必要はありません。きちんと封をしてポストに投函すれば完了です

なお、採取検体は注文日より6ヶ月以内に返送します。滅菌処理加工がしてある検査キットですが、長期間の保存により、減菌効果が薄れる可能性があるからです。

注文して届いているものの、忘れていた……ということのないように早めに検査してくださいね。

検査結果はスマートフォンやPCで確認!

検査結果の確認は、郵送とインターネットでの確認となっています。私はインターネットを選択しましたので、指定のURLで見てみることにしました。

ここで必要なのが検体申込番号とパスワードです。

これがわからないと確認できませんから、手元に残した検査申込書はなくさないようにしましょう。

検体が送り先に到着日の18時~19時頃からログインできるようになります。

ログインすると申込番号、受付日、採取日、検査日、検査項目が記載されています。検査の完了予定日が確認できるので、検査結果がわかる日程を把握できます。

検査結果は括弧になっており、ここに結果が表示されます。

スマホで確認してみました。検査申込番号とパスワードを入力するとみることができます

ドキドキしながら確認したところ、子宮頸がん検査は(I)、ヒトパピローマウィルス検査は(-)でした。

子宮頸がん検査は、細胞の状態を(I)(II)(IIIa)(IIIb)(IV)(V)の6段階で判定します。

(I)と(II)であればがん細胞の検出はなかったということになります。私の場合も検出なしという結果です。

ヒトパピローマウィルス検査は陽性(+)か陰性(-)の2種類。こちらも(-)でしたので問題はありませんでした。

もし陽性になっていたら?

もし陽性だった場合は、協力医療機関で診察を受ければ、スムーズに治療できます。

検査結果を持参すれば有効な検査結果として取り扱われるので、無駄な検査を避けることができます。

協力医療機関ではない病院の場合、再度検査からの診断になるとのこと。

しかし、陽性であれば治療をしなければなりません。医師の指示に従ってくださいね。

一通り検査を終えて

こういったデリケートな検査は、なかなか病院へ行くのも勇気がいるものですが、郵送時の心配りなどもあり、家族にも知られることなく終わりました。

また、忙しくて病院へ行っているヒマがなくても、自宅で採取して郵送で検査できるので手軽にできます。

とても大事な検査なので、一度も受けたことがない方、ここ数年受けてないという方は、受けてみてはいかがでしょうか。

なお、リピート購入の場合は、値引きされた割安パッケージで購入することもできます。

一度陰性で出たからといって、安心はできません。定期的な検査での予防をおすすめします!


<プロフィール>
石井和美
製品レビューを得意とするプロレビューアー。

レビューで使用した検査キットはコチラ

HPV


その他の検査キットの購入はコチラから

男性の性病検査キット 女性の性病検査キット
  • 誰にも知られず簡単検査 性病(性感染症)検査キット専門店 宅配ドクター
  •                                        

このページの先頭へ